更新:2016/05/29

クレジットカードを即日発行するために

すぐにお金が必要な方は即日発行のクレジットカードがお勧め

日頃生活をしているときに突然お金が必要になってしまうことがあると思います。特にこれまでクレジットカードをもったことのない人は現金がなくなってしまってはひとたまりもありません。そして、現金がなくなってしまってからカードを作ろうと思っても、普通のクレジットカードは発行されるまでに長い時間がかかってしまうので問題の解決になりません。そのようなときにどうすればよいかというと、即日発行できるクレジットカードを申し込むことです。特に今ではインタネットで申し込むこともでき、直接店舗に行かなくても良いので、店舗に行く時間や待ち時間などを短縮することができます。お金で困り、さらに時間もない方にはぜひおすすめです。

ただし、店舗や自動発行機で即日受け取りが出来る場合もあるのでご自分のケースに合わせて申し込みましょう。それでは即日発行できるクレジットカードはどのような流れで申し込むか説明します。インターネットで申し込む場合、まず入力フォームに必要な情報を入力します。そして、郵送でなく、即日で自分で受け取りたい場合は店舗や自動発行機のある場所へ行き、発行手続きを行います。もちろん、はじめから店舗へ行き手続きすることも出来ますが、事前にインターネットからご自分の情報を入力しておけば、店舗でのわずらわしい手続きを省くことが出来ます。もちろん申し込みする際には本人確認書類が必要となりますので、運転免許証やパスポートなどをお忘れなく持っていきましょう。これらの手続きが済み、問題がなければカードの発行がなされますので、急なお金の心配を解消でき、今後も急な出費を心配することなく生活できます。



「クレジットカードのキャッシング」と「消費者金融カードローン」の違いと比較

消費者にお金を融資してくれる銀行、信販会社、消費者金融。ここでは、主にノンバンクと呼ばれる信販会社と消費者金融の違いについてお話しします。

主な業務の違い

信販会社は「商品購入サービス」を主に事業を展開しています。そして、その副的なサービスで「キャッシング」のサービスを展開しています。それに対し、消費者金融は「融資」を主に事業を展開しています。この違いから、信販会社の場合はクレジットカードを使い、融資(キャッシング)を受けるのが一般的です。また、消費者金融からは借入専用のカードを作り、このカードから借入をする事が一般的です。では、この融資に関する点でこの両者にどの様な違いが有るでしょうか?

借入にかかる審査時間

借入に関わる審査時間が速いのは、圧倒的に消費者金融と言えるでしょう。主業務の違いから見てとれる様に、消費者金融は融資することを主にしている分、融資までの時間はかなり早く、審査から実際に借入出来る時間は、最短で3時間程度になります。信販会社では申請から融資可の判断が行われるまで、少なくとも1,2日、それから各種登録などの時間を考慮しても、実際に借入出来るまでに3〜4日は必要です。更には土日を問わず受付をしている消費者金融はその対応の柔軟性は信販会社より利便性は上だと言えるでしょう。

借入の上限金額

借入の上限金額はどちらも同じ程度と言えるでしょう。申請者の収入にもよりますが、おおよそ50万円くらいが一つの目安です。信販会社の場合は、ショッピング枠での使用も合算したものが借入金額となるため、ショッピングでカード利用が多い人は実際の借入可能金額は少なくなります。あともう一点忘れてはならないのは、信販会社でも消費者金融でも、銀行法で運営されている訳ではありませんので、どちらも「総量規制」の対象となると言う事です。簡単に言えば、年収の1/3を超える借入は出来ません。これは、1社からだけではなく複数社から借入がある場合は、借入している合算金額と考えて下さい。

借入金利

借入金利の面でもどちらも同じ程度と言えるでしょう。両社とも基本的には銀行から融資してもらった資本で運営している会社です。そのため、必要経費を踏まえ、さらに「貸付業法」における貸付金利の条件を併せて考慮すると、18%〜20%程度の利息を設定している事が多く、借入金利に大差はないと言ってよいでしょう。

返済方法

返済の方法は消費者金融の場合、前回の返済日から35日間までか、予め設定した固定日にリボルビング返済(利用金額に関わらず定められた毎月一定額を返済する方式)することが一般的です。大手消費者金融のアコム、レイク、プロミスなどは、コンビニATMや提携銀行など、幅広い場所で現金にて返済するという方式が取られています。これに対し、信販会社の返済方法は毎月一定の定められた日に利用金額分が引き落とされるか、リボルビング方式による引き落としになる方法が取られています。どちらが使いやすいかは利用者によりけりといったところです。

その他サービス

信販会社では、キャッシング利用に対しても、独自で展開しているカードのポイントが貯まります。JCBやVISAなどのクレジットカードがその代表的なものです。貯まったポイントを様々なもの(商品、Edy)や各種の色々なものに換える事が出来るというサービスが特徴的です。一方で、消費者金融ではどの様なサービスを展開しているのでしょうか。アコムでは初めての契約となる方を対象に30日間無利息というサービスを展開しています。また、ノーローンでは初めて契約する方や完済月の翌月に借入する方は、1週間無利息になるというサービスやお得なポイントサービス制度も実施しています。返済により貯まったポイントを「楽天ポイント」「ネットマイル」「Gポイント」に変換出来るといった面で充実しています。この他に、女性を対象とした女性専用のキャッシングサービスもあります。レディースレイク、プロミスレディースキャッシングなど、女性専用の申し込み窓口で、オペレータも女性で対応するといった徹底されたサービスが消費者に消費者金融をより良く使用してもらうための手段として用いられています。

以上の様に、信販会社と消費者金融を比較してみました。結論としては次の通りです。

  • 即日融資を受けたい場合は消費者金融を利用する方がよい
  • ポイント等のサービスを有効に使いたい場合は信販会社を利用する方がよい
  • 金利面では双方大差はない


カードローンの利用者が増える時期

カードローンは少額でも多少高い金額でも、すぐに借りることができる便利なものですが、利用者が増える時期もあります。その時期は春なのです。なぜ春に利用が増えるかの要因の一つは、新入社員が入社してくる時期ということです。新入社員が入社してきて、先輩の社員が新入社員などの後輩を飲みにつれていくことで、お金が必要になるので、その時に手持ちのお金が少ない場合にカードローンを利用する人が多いです。日本の会社では新入社員などの後輩に、先輩の社員が飲みにつれていき、その代金をおごってあげるという風習があります。そのことによって、上下関係をはっきりと示すという意味も含まれているので、大事なことの一つでもあります。


春は先輩社員にとっても必要なお金が増えますが、新入社員にとっても新生活のスタートとなるので、色々な準備をしなくてはなりません。そのため細かく色々なものにお金がかかってきます。新入社員はお金に関して裕福ではない人が多いので、そんな時に必要なお金を手配するためにカードローンの存在は重要になります。新入社員であっても審査が多少緩いところであれば、十分お金を借りることができるので、利用する人も多いです。春は色々な人が何かとお金が必要となる時期なので、カードローンを利用する人が増えます。少額でも多少高額でもすぐに借りることができるので、どんな人にとっても便利に利用することができ、多くの人が利用して救われています。

消費者金融ランキング



消費者金融(ノンバンク)と銀行カードローンの比較

似て異なる消費者金融(ノンバンク)と銀行の運用形態

今日では、消費者金融(ノンバンク)でも銀行でも個人や事業主に対し融資をしてくれます。では、具体的に消費者金融(ノンバンク)と銀行の違いをご存じでしょうか。簡単に言えば、預金を取り扱う業務を行っているかいないかという点です。銀行は預金という業務を行っているのに対し、ノンバンクは融資のみを行っている金融機関を指します。そして、銀行は「銀行法」に基づいて、内閣総理大臣の許可を受けて銀行業を営む事業体であり、ノンバンクは「貸付業法」に基づいて融資を行う事を目的とした事業体を指します。同じ融資を行っている消費者金融(ノンバンク)と銀行では運用形態が違うことをまずは知っておきましょう。

ノンバンクと銀行の主な違い

業務内容と利益収入の違い

金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫)は主に預金の受け入れ、資金の貸付、手形の割引、為替の取引を主業務としています。一方、ノンバンク(消費者金融、クレジトカード会社、信販会社)は貸付(融資)を行う事を主業務としています。金融機関は、為替取引における外貨売買の手数料や貯金の入出金における手数料など、銀行の利益は様々な手続きが行われる間に発生する手数料で利益を出しています。これに対し、ノンバンクは銀行からの融資を財源として、その融資金を法人あるいは個人に対して貸付し、それに対する利息から利益を生み出しています。この様に、ノンバンクは融資をしてこそ、利益が生み出される事業体です。そして、その資本は銀行からの融資となっているため、銀行に比べノンバンクの方が金利は多少高くなるという点が挙げられます。

貸付条件の違い

銀行で融資を受ける場合、代表的なのは住宅ローンや車のローンなど、多くの場合で担保貸付となります。担保貸付とは、住宅や車を担保として預かっておき、債務者が返済出来なくなった場合、それを代償に支払うという制度です。ここで預かると言っても、実際に没収される訳ではなく、返済が出来なくなった時に没収されます。ではノンバンクではどうでしょうか?ノンバンクは基本的に無担保貸付(信用貸付)により、融資を行っています。無担保貸付とは、前述の担保貸付の様に預けるものはなく、すべては債権者と債務者の「信用」により融資を行うものです。そのため、ノンバンクの場合は債務者が支払えなくなった場合のリスク保証はありません。この状況から見てとれるように、ノンバンクにはリスク保証がありませんので、融資を行う際にその消費者や事業体の収支状況や経営状況をよりしっかりと確認する事で、債務者に信用がおけるかどうかといった点を審査します。

借入審査時の提出書類等の違いと審査時間

銀行では、融資の審査を受ける上で必要なものとして、本人確認書類(運転免許証、住民基本台帳カード、各種年金手帳等)、住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍謄本、給料明細など様々な資料の提出が必要です。これに対し、ノンバンクでは本人確認書類(運転免許証他、本人確認に代わるもの)、給料明細及び所属する会社への在籍確認だけです。銀行とノンバンクではこの様に審査する過程で提出する書類も異なります。また、即日融資が可能という点では、銀行と比較しノンバンクの方がはるかに利便性がよいと言ってよいでしょう。

ノンバンクである信販会社と消費者金融の違い

ノンバンクは、消費者金融だけを指す訳ではありません。ノンバンクの意味では信販会社も同じ種類に属します。では、信販会社と消費者金融の違いは何でしょうか。消費者金融は、「融資」を主な業務にしている会社であり、信販会社はクレジットカードなどの主に「商品購入サービス」を主な業務としている会社です。銀行を含め、消費者に対し融資を行っている会社としては銀行、信販会社、消費者金融の3社あり、銀行=預金、為替を主な業務とし、信販会社=クレジットカードによる商品購入サービスを主な業務とし、消費者金融=消費者に対する融資を主な業務としています。

銀行と消費者金融(ノンバンク)のカードローンの違い

消費者がこの2つの違いを明確に実感する点としては、審査スピード、融資を受けるまでの時間、そして金利の3点の違いです。まず審査スピード及び融資を受けるまでの時間は、「融資」を目的としている消費者金融(ノンバンク)の方が圧倒的に速く、消費者金融業者を代表するアコム、レイク、ノーローン、プロミスなどは審査後、即日融資が可能です。しかも、アコムやノーローンは初めての取引となる消費者を対象に1ヶ月間無利息といったサービスも行っております。この様に、「融資」に対する柔軟な対応及びサービスの面では、消費者金融(ノンバンク)は銀行よりも利便性に長けています。しかしながら、金利面では、銀行の方が格段と金利は低く、消費者金融(ノンバンク)では最大20%の金利で融資を行っているのに対し、銀行は最大15%の金利で融資を行っています。三井住友銀行カードローンやUFJ銀行(モビット)、更には楽天銀行などのフリーローンと呼ばれるものは、この手のローンになります。

以上の様に、銀行とノンバンクのカードローンを比較すると、次の通りとなります。

  1. 審査に必要な提出資料等の種類及び数は、銀行よりもノンバンクの方が少ない
  2. 融資までの審査・サービス面では、銀行よりもノンバンクの方が長けている
  3. 金利面では、ノンバンクよりも銀行の方が長けている

皆様各自に合ったカードローンを検討してみて下さい。



プロミスについての紹介

プロミスとは、大手の消費者金融の事を指しており、個人に対して融資をする事により利益を得ています。プロミスに関しては、接客サービスに定評があるので、借り入れの経験がない方でも気軽に利用する事が可能です。プロミスでキャッシングをするためには、申し込みをして審査を受ける必要があります。申し込みをする際については、店頭で行うのが一般的です。店頭であれば従業員の方と話し合いをする事ができるので、疑問に感じる事などを質問して解決できます。そのため、契約後にトラブルを招く事がないので、安心する事が可能となっています。審査に合格をするとキャッシュカードが発行されて、これを使用してATMから金銭を引き出すのが一般的です。キャッシュカードが支給される際には、暗証番号を決める事になるので、前もって考えておく必要があります。暗証番号が存在している事により、万が一カードを紛失したとしても、第三者に金銭を不正に引き出される事がないです。セキュリティの面においても万全なので、安心してサービスを利用する事が実現できます。借りれる金額に関しては限度額が設けられており、その範囲内であれば、何度でも金銭を借りれます。ただし、金銭を借り過ぎると利息の負担が大きくなるので、この点には留意をしなければならないです。この事を意識しておけば、支払いの際において苦労をする事がなくなります。返済期日を厳守しないと、延滞金を支払う必要があります。




このページの先頭へ